ホーム > 家づくりの流れ

家づくりの流れ

マイホーム検討中!何から始めればいいの?

家を建てるには、なにから始めればいいのでしょうか?
家づくりの流れを把握して、理想の家づくりをしましょう。
(※一般的な家づくりの流れです。家の形状によっては一部、違うところがございます。)

家づくりの流れ 流れの内容 お客様の流れ  
出会い

家づくり勉強会構造・完成見学会、各イベントから、私たちとの出会いがはじまります。
砺波支店では建築家個展住宅勉強会など、各種イベントをおこなっていますので、お気軽にお越し下さい。

イベント

気楽にお越しいただくか、 資料請求 お問い合わせ  
     
ご相談

「マイホームを建てたいが、何から始めればいいか分からない」
「住んでいる家をリフォームするべきか、建て直すべきか迷っている」
予算はどのくらいか、資金はどのように計画すればいいのか分からない」
など、何でもまずはご相談ください。

自分たちの思いをお伝えください。
イメージや、参考資料等があればご用意ください。
住宅ローン等ご利用の方は、審査(仮審査)等がありますので相談ください。

 
     
自社建築士

自社在籍の建築士やインテリアコディネーターとの家づくりがはじまります。

自社建築士との家づくりか、建築家との家づくりか、どちらかをお選びください。

イラスト

建築家ご紹介

ご相談内容からお客様にあった建築家を、ご紹介します。ご紹介後から、建築家との家づくりがはじまります。

     
現地調査

建築予定地の敷地測量、近隣の状況、法規制などプランニング前の現地の状態の情報を調べます。

公図・敷地図・確認申請書類等お持ちであればご準備ください。

 
     
プランニング(基本設計)

平面図、立面図、パース、模型などで、プランをご提案いたします。

家族構成、必要な部屋数、設備、「○○な部屋がほしい」「大きな窓がほしい」など、自分たちの想いをお伝えください。

 
おおよその希望に近づくまで、プランや仕様の変更を繰り返します  
概算見積り

基本設計の図面を基に、工事施工費の概算見積りを行います。
大幅に予算をオーバーした場合は、打合せにより、図面内容を検討し、予算内に収まるように提案します。

大まかな金額がわかるので、金額を元に、プランニングの図面のまま進めていくか、概算予算を元に、いるものといらないものを整理してください。予算とプランが良ければ次のステップです。

 
     
設計委託契約

プラン・予算がまとまり、設計を進めていくことを承諾されましたら、設計委託契約を結びます。
そこでは、設計重要事項説明をおこないます。

設計契約書、重要事項の説明書に署名、捺印をいただきます。

 
     
実施設計

概算見積りが反映された図面を基に、確認申請図面や、施工に必要な図面を作成します。詳細な打合せをおこない、具体的な仕様内容を順次決定していきます。

お風呂、キッチン等の設備機器の仕様を決めていただきます。実際にショールームに足を運び、実物を確認していただくと、なお良いと思います。

プランや仕上げ、設備等の変更を希望が合うまで繰り返します
本見積り

実施設計に基づいて、詳細な見積りができ、最終金額が決定します。

詳細見積り仕様金額のご確認をしていただき、予算と合わなければ、ご検討等していただきます。

   
ご契約

プラン、金額等がよろしければ、工事請負契約を結びます。
契約後に、確認申請を行い、住宅瑕疵担保責任保険を申請します。

イベント

契約書に署名、捺印をいただきます。

     
ご契約

確認申請がおりましたら、いよいよ工事の着工です。
これまで、打ち合わせしてきた事が、1つ1つ形になっていきます。
当社では、工事期間中に社内検査を実施し工事の確認を行います。

内装、外装の色等仕上げの 最終決定をお願いします。
照明機器の確認、スイッチ、 コンセントの位置の確認をしていただきます。
現場で細かな打ち合わせができると、より良い住宅に仕上がると思います。

     
完成・お引渡し

工事が完了したら、社内検査、完了検査を受けます。
最後に施主様の検査を行い、各設備の使用方法、注意点をご一緒に説明させていただきます。

最終的な仕上がり等を直接現場でチェックをしていただきます。

     
アフターケア

専門スタッフまたは工事担当者が定期的な点検にお伺いし、不都合がないかチェックします。
また、住まいのメンテナンスのアドバイスもいたします。

不都合、ご不明点がありましたら、ご連絡をしていただきたいと思います。